『僕のジョバンニ』第5話|漫画あらすじネタバレ

僕のジョバンニ|第5話:魔女

成長する少年たちの演奏
僕のジョバンニ
作者:穂積
>>【スマホ漫画】穂積作品|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料です

 

第5話:魔女

 

郁未が鉄雄の家に住むことになってから幾ばくかの時が経つ。

 

兄の哲郎は大学生になり、半年ぶりに家へ帰省するために駅で電車を待っていた。

 

季節は夏。

 

茹だるような暑さの中で飲み物を飲もうと思った瞬間、何者かの手が伸びてきた…!?

 

悪びれもなく哲郎の飲み物を奪った相手…それは百合子という女だった。

 

一緒に家に帰ると、母もよく来たわねと嬉しそうに彼女を出迎える。

 

百合子は毎年、この季節になると鉄雄の家にやってくるのが習慣なのだ。

 

少々強引な態度の彼女に圧倒されつつ、哲郎は母にチビ二人の行方を聞いた。

 

彼らもまた、そろそろ夏休みの時期なのだ…

 

終業式が終わり、揃って家に帰る鉄雄と郁未。

 

彼らもまた、この一年で成長を遂げていた。

 

帰るやいなや兄の姿を見つけ、突進して抱きつく鉄雄。

 

熱烈すぎる弟の歓迎に戸惑う哲郎だが、鉄雄の目的は演奏を聞いてもらうことだった。

 

すぐさまチェロの置いてある離れへと移動すると、準備を始める二人。

 

哲郎がいなくなってから聞いてくれる人がいなくて困っていたという鉄雄に対し、郁未はそうでもない様子。

 

相変わらずのクールさに戸惑いつつ、どんなものかと軽い気持ちで演奏を聴き始めるのであった。

 

曲は「チェロよ叫べ」

 

音を合わせ、いくぞと掛け声をかけて始めた二人の演奏は、哲郎の予想をはるかに超えていた。

 

一瞬、目の前の二人が別人に見えるほどの凄まじさ。

 

これが子供の演奏かと我が目を疑う哲郎であったが、それを二人に伝えることはしなかった。

 

郁未のミスで演奏はストップするも、鉄雄は確かな手応えを感じている様子。

 

今は前半部分だけだけど、通しで弾ける日も遠くはないかもしれないと楽しみを隠しきれないようだ。

 

郁未もそんな鉄雄を笑顔で見つめ、まんざらではない様子を見せる。

 

そんな二人を花火に誘う哲郎。

 

すると二人はあっという間に少年の顔に戻り、満面の笑みでやる!と乗り気だ。

 

だが、夕食の席でいい雰囲気は一変する。

 

百合子にあった途端、鉄雄の顔がみるみる曇りだして…!?

 

>>『僕のジョバンニ』第5話読んだ感想

 

穂積が描く名作を電子コミックで!
>>【スマホ漫画】穂積作品|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料です

僕のジョバンニ(穂積)|漫画タイトル一覧

穂積作品|紹介タイトル記事一覧

関連ページ

『僕のジョバンニ』第1話|漫画あらすじネタバレ
僕のジョバンニ1話ネタバレ|それはどこにでもある朝の風景。家族と朝食を食べていた鉄雄は、ボーっしながら天気予報のお姉さんに見とれていた。箸をくわえた様子を兄の哲郎に注意されるが、彼も年頃の男子。そんなに可愛いかと聞かれると、恥ずかしさから思わず否定の言葉が出てしまう。
『僕のジョバンニ』第2話|漫画あらすじネタバレ
僕のジョバンニ2話ネタバレ|鉄雄がチェロに衝撃を受けたのは6歳の時。祖父が遺産として残したビデオの中で二人の男が演奏していた映像だ。その姿に魅了された鉄雄。これが彼のチェロとの出会いであり、その時に演奏されていた曲が「チェロよ叫べ」であった…
『僕のジョバンニ』第3話|漫画あらすじネタバレ
僕のジョバンニ3話ネタバレ|蝉の鳴く暑い日の午後。鉄雄が学校から帰ると家にいたのは兄一人。母は郁未の定期検診に付き添って病院に行っているようだ。すぐに帰ってくるから離れに行くなら郁未が帰るのを少し待てという兄に対し、めんどくせーと拒否する鉄雄。
『僕のジョバンニ』第4話|漫画あらすじネタバレ
僕のジョバンニ4話ネタバレ|郁未がいつものように窓辺で一人で外を眺めていると突然、鉄雄がやってきて暇しているなら手伝えという…?何を…と聞き返すと、虫干しというぼんやりとした答えが返ってくる。意味がわからないままついて行くと、倉庫では兄の哲郎がたくさんのチェロを並べている最中だった。
『僕のジョバンニ』第6話|漫画あらすじネタバレ
僕のジョバンニ6話ネタバレ|鉄雄は海辺でひとり、百合子から言われた言葉を思い出していた。その言葉は呪いとなって、いつまでも彼の心に深く突き刺さっている…ふと思い出してしまった呪いの言葉にふさぎこんでいると、後ろから郁未の声が聞こえた。屈託のない笑顔で自分の名前を呼ぶ彼に鉄雄は語りかける。