『僕のジョバンニ』第4話読んだ感想

『僕のジョバンニ』第4話|鉄雄の抱える悩み

穂積が描く名作を電子コミックで!
>>【スマホ漫画】穂積作品|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料です

 

今日も郁未は一人、ぼーっとしながら過ごしています。

 

いつもと変わりないように見える彼ですが、溺れた時の夢を見てしまうなど心の傷はまだ癒えていない様子。

 

物静かな彼ですが、心の中は穏やかでは無いようですね。

 

そんな郁未を珍しく鉄雄が呼びにやってきました。

 

さらに暇ならて伝えって何を?

 

今日は祖父の残したチェロのコレクションを虫干しする日らしいのです。

 

レンガ造りで二階建ての立派な建物を登っていくと中では先に兄の哲郎がチェロを並べていました。

 

その数はざっと10艇近くあり、中々に立派なコレクションのようです。

 

とはいえ、鑑定結果はどれも二束三文で価値はないようですが…。

 

そんな中で鉄雄が最も大切にしているのが「1740年製 モンタニャーナ バロン・シュタインハイル」

 

名器中の名器と呼ばれる価値あるチェロらしいのですが、哲郎は偽物だと思っている様子。

 

それでも鉄雄が本物だと言い張ると郁未をそれを信じるというのです。

 

すっかり気を良くした鉄雄は今日も郁未の練習に付き合います。

 

ふと、そこで鉄雄は温かい家族に大切にされて才能まであるなんてと褒められます。

 

喜ぶ、もしくは恥かしがるかと思いきや大声で否定する鉄雄。

 

そうやって線引きされるみたいなのが嫌なんですって。

 

友達もチェロを分かってくれないし兄も理由はわからないけどチェロをやめてしまった。

 

鉄雄は恵まれているように見えて実は孤独なんですね。

 

お前にまでそんなことを言われたくないという鉄雄に対し、郁未は思いがけない言葉を投げかけます。

 

俺はお前の生涯の友でいよう

 

いきなり熱い展開!!

 

郁未はそこまで鉄雄に心を開いているの?

 

突然の宣言に鉄雄も戸惑いつつ、ありがとうと嬉しそうな様子。

 

ぐっと距離が近づいた二人ですが、これからどんな風に展開していくのやら。

 

楽しみなような不安なような、ちょっと複雑な気分です…。

 

>>『僕のジョバンニ』第5話あらすじネタバレ

 

穂積が描く名作を電子コミックで!
>>【スマホ漫画】穂積作品|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
試し読みは無料です

僕のジョバンニ(穂積)|漫画タイトル一覧

穂積作品|紹介タイトル記事一覧

関連ページ

『僕のジョバンニ』第1話読んだ感想
僕のジョバンニ1話感想|港町に住む少年、鉄雄はいつもの朝を迎えていました。家族と朝ごはんを食べて、兄と喧嘩して、学校へと向かう。友達に宿題をやったかと聞かれ、当然のごとくやっていないと答える。彼くらいの年齢ならごく当たり前のような風景です。しかし、友人の一言が彼に少し変化をもたらしました。
『僕のジョバンニ』第2話読んだ感想
僕のジョバンニ2話感想|今夜は鉄雄がコンクールで優勝したお祝いをするはずでした。ところが、組合長である父が緊急の呼び出しでいない為にお祝いは延期に。それはすぐ近くで起こった海難事故によるものでした。大きな渦が発生し、運悪く客船が飲み込まれてしまったのです。
『僕のジョバンニ』第3話読んだ感想
僕のジョバンニ3話感想|ようやく郁未が言葉を発しました。さらに初めて見せた笑顔から彼の心が生きていると実感させられたのですが…。郁未は相変わらず病院では無表情のまま、家に帰っても兄や母の前では無口です。しかし、離れに鉄雄と向かうと人が変わったように喋りだすのでした。
『僕のジョバンニ』第5話読んだ感想
僕のジョバンニ5話感想|鉄雄と郁未の間に絆が生まれ、二人はチェロに打ち込んでいくことになります。そして時は流れ、一年が過ぎた夏。兄の哲郎は無事に大学生となり、家に帰省することに。そして久々の再会!感激のあまり抱きつく鉄雄ですが、その目的は演奏を聞いてもらうこと
『僕のジョバンニ』第6話読んだ感想
僕のジョバンニ6話感想|知り合ってから一年が経ち、一緒にチェロの演奏が出来るまでに成長した鉄雄と郁未。ふたりの絆は深まり、このまま上手くいくと思われた矢先に現れた百合子という謎の存在!何やら二人の仲をかき回しそうな彼女ですが、今回はある事件が起きてしまいます。