『うせもの宿(穂積)』漫画あらすじ紹介

うせもの宿|最後まで真実が見えないドキドキ感!秀逸なラストは必見です!

うせもの宿
作者:穂積

 

>>『うせもの宿』電子コミック無料試し読みはコチラ
配信サイト:ebook japan
試し読みは無料でできます。

 

穂積といえばファンタジーと現実の境目のような世界観がとても秀逸な上に美しく描くことで有名です。

 

そんな穂積が描く、探し物がみつかるという不思議な宿の話はいかがでしょうか?

 

客はマツウラという案内人に連れられて宿へとやってきます。

 

しかし、彼が案内するのは門構えの手前まで。

 

マツウラがその向こうへ入ることは無いのです…。

 

この時点ですでに怪しい!

 

つまり宿のある世界は私たちの住む世界とは少し違う、ということでしょう。

 

さらに宿では不思議なことがたくさん起こります。

 

出てくる料理は自分の思い入れのあるものばかり。

 

家族の手作りだったり、思い出の料理だったりと宿で出てくるメニューではありえないもの。

 

さらに女将と呼ばれているのは着物姿の少女。

 

ぶっきらぼうな彼女に聞くしか探し物を見つける術はないというのも不思議な話です。

 

最初は半信半疑、不満そうだったり不安だったりする客たちですが探し物を見つけた彼らの顔は幸せに満ち溢れています。

 

切ないラストもありますが、それをも含めても大体ハッピーエンドかな。

 

人は忙しさにかまけてつい、大切な何かを見失ってしまうもの。

 

気がつけば取り替えりのつかないことになっている、なんてことも有りうるのです。

 

そんな探し物が見つけられる不思議な宿、人の未練が断ち切れるのがこの場所なのかもしれません。

 

訪れる客はそれぞれ事情を抱えています。

 

そして働く従業員たちも例外ではなく…。

 

女将さんはなぜ、子供の姿なのか?

 

なぜ、うせもの宿の女将をやっているのか?

 

ネタバレしてしまうと面白さが半減するのであまり語れないのが口惜しいのですが…。

 

とにかく読んで欲しい!

 

そして自分の大切なものについて少し考えてみませんか?

 

うせもの宿
作者:穂積
>>『うせもの宿』電子コミック無料試し読みはコチラ
配信サイト:ebook japan
試し読みは無料でできます。

穂積作品|紹介タイトル記事一覧